【自撮り棒/三脚】トレーニング技術向上のマストアイテム

こんにちは!
ゼロワンジム登戸の山口翔矢です。

今日は、
「トレーニングが上手くなりたい!」
「中々、フォームが定まらない!」
「正しいフォームでできているか分からない!」

と思っている方にオススメのアイテムを紹介します。

その名も「自撮り棒/三脚」です📷

今日は理論的な説明は一切なく簡単に解説していきます。

「三脚を使い自分のトレーニングフォームをビデオで撮影すること。」


これがトレーニング技術の向上にとても役立ちます。

自撮り棒を使い自撮りをする

僕が実際に一般のジムで使用しているのは持ち運びに便利な小型の自撮り棒です。

こちらの自撮り棒にスマホを取り付けて自分のフォームをチェックします。

スクワットの深さや膝の出具合をチェックできたり、

ベンチプレスのアーチの出来具合や降ろす場所をチェックできたりします。

「感覚視」を「客観視」に変えることができる

今までは
「今の回数良かったかも」
「さっきはしっくりきたかも」
「ちょっとフォームが崩れたかも」
「かも」と言う感覚でトレーニングをしている場合が多かったと思います。

自撮りすることで自分のフォームを客観的に分析することができます。
この感覚視から客観視に変えることがトレーニングレベルの上達に非常に大切です。

また、パーソナルを受けている方はトレーナーから「今のフォーム良かったですよ!」と言われることがありませんか?

撮影できればトレーナーと一緒にフォームを分析できるのでオススメです。
自分のフォームを知れると言うのがトレーニング上達の一番の近道になります。

カラオケも上手くなりたければ録音せよ

山口はカラオケが絶望的に下手でございます。
はい。音痴でございます。

この音痴を矯正するのも録音するのが良いとよく言いますよね。

「自分はできている!」

と人はつい思い込んでしまいます。
しかし、実際に自分がやっている所を見たり聞いたりすると

「なんじゃこりゃ」

と思うかもしれません。
この「なんじゃこりゃ」と感じることが次のトレーニングが上手くなる秘訣です。

はたまた、
「自分なんてまだまだ。。」
と思っていた方は、
「案外できてるなー!」と自己肯定感の向上にも繋がったりします。

振り返りと達成感の積み重ね

写真フォルダーに記録をしていくので1ヶ月前、半年前、1年前のフォームを見返すことができます。
今から1年後、きっとこれを読んでいるあなたはボディメイクに成功し大きく飛躍しています。
その軌跡を辿れる手段が動画撮影でのフォームチェックです。

ゼロワンジムでは各種三脚、自撮り棒をフリーでお使い頂けます。
またトレーナーが撮影し一緒にフォームチェックすることもできます。

「自撮り棒」をまとめますと、
・自分のフォームチェックをすぐにできる
・トレーニング技術が上達する
・小さいので持ち運びが楽
・トレーニングの軌跡を辿れる

是非、お近くの家電量販店もしくはAmazonでお買い求めください。
https://amzn.asia/d/hEKbBpH

皆さん最後までご覧頂きありがとうございました。
今日は自撮り棒の紹介でした!

ゼロワンジム登戸 定額制セミパーソナルジム
神奈川県川崎市多摩区登戸3375-1 第2TSSビル 2F
JR南武線 小田急線 登戸駅 徒歩1分/向ヶ丘遊園駅 徒歩6分
営業時間:9:00~22:00

この記事を書いた人

山口 翔矢

山口 翔矢

ゼロワンジム登戸会長
1992年1月22日生まれ。